【0歳~1歳】赤ちゃんへ読み聞かせ絵本におすすめ♪絵本を噛んだりする赤ちゃんにも!

こんにちは!オリンピックめっちゃ見てるしずくです。

今回は赤ちゃんに人気の読み聞かせ絵本を紹介したいと思います。

だるまさんが

こちらが、「だるまさんが」の表紙です。

作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社

わたしは、この絵本を読むときによく使うリズムがあります。

だるまさんがころんだ♪のリズムで読む絵本です。

だ~る~ま~さ~ん~が~♪

どてっ

どてっの時には一緒に「どてっ」と転ぶ動作で見て楽しみ、実際に体を動かして楽しむ絵本

「だるまさん」シリーズで、一番好きです。

読み方も色んな工夫をすることが出来ます。

だ!る!ま!さ!ん!が!というように区切って言ってもいいし、

ゆったり読んでもいい。赤ちゃん受け最高の絵本です!

よく保育園や児童館にあります♪出産祝いのプレゼントにもおすすめです。

だるまさんと

こちらも同じく「だ~る~ま~さ~ん~が♪」のリズムです。(笑)

この絵本の場合は、最初が「い~ち~ご~さ~ん~と」

ぺこっ

と、だるまさんといちごさんがお辞儀。

誰かと一緒に遊ぶ絵本です。

こちらも可愛いです!

だるまさんの

実は、こちらの本はまだ持っていないのです。

3冊あるのはしっていたけれど、今回紹介を読んでいたら面白そうだったので追加です。

今回は更にシンプルかもしれない。一つの絵に言葉がひとこと、のページ。
でも、ここがスゴイ!これだけで、何十回も子ども達が笑い転げちゃうんだから。
かがくいさんの、ストーリーのある絵本と同じ位、大人も子どもも喜ばせちゃうのも驚き。
根底に流れる温かいものを感じて、幸せな気分になっちゃいます。

引用:磯崎園子  絵本ナビ編集長

私…「だるまさんの」に関しては、顔のパーツ紹介するだけかと思っていました。

大爆笑する内容とは?私もこの機会に買おうと思いました♪

がたん ごとん がたん ごとん

作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店

こちらの絵本は、息子を電車好きに仕上げてくれた最初の一冊かもしれません。

ずーーーとめくったり、かじったり、食べてみたり、くしゃっとしてみたり…と一番よく触っていたのでボロボロになっている一冊。

今日久しぶりに息子に読んでみたら「だれが やぶった?」と聞かれました。

もちろん、言わずもがな…あなたですよ

くっついた

作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社

この絵本は、私が大好きな一冊です。

作者のあとがきには「”くっついた”は幸せのはじまり」とあります。

作者自身の体験から「ほっぺたとほっぺたをくっつけるだけで赤ちゃんは笑う」と実感してこの本を執筆されたようです。

読みながらほっぺたをキュッと家族みんなで寄せあうのは、とってもほっこりします。

個人的には読み聞かせで一番おすすめの絵本です。

試しに今晩、ほっぺたをキュッとくっつけてみてくださいね!

おつきさまこんばんは

作: 林 明子
出版社: 福音館書店

この絵本は寝る前に読む絵本な印象です。

3歳だった甥っ子が大好きな絵本で息子に、と選んでプレゼントしてくれた一冊です。

寝る前にゆったりした気分になれますよ。

絵本を食べる赤ちゃんには!

こちらは出産祝いにいただいた絵本です。

ボーネルンドの布でできた絵本

これは本当によくシガシガ噛んだりクシャクシャしたりと楽しんでいました。

最後に

いかがだったでしょうか?

0歳~1歳の頃に本当に何度もよく読んだ絵本たちの紹介でした。

とくにテッパンで息子が喜んでいたのは「だるまさんシリーズ」です♪

可愛いし楽しいしおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください