助産院の出産でかかる費用は高い!?実際にかかった金額を公開します。病院とどっちがお得?

この記事では、助産院で実際に支払った費用についてお話します。

先日、友人と話している時に出産した病院の話になりました。

私は助産院で産みました。

助産院で出産するのって実際どうなの?後悔しないように知っておいてほしいこと!

友人は2人の子を個人病院総合病院で産んだ経験があります。

出産の時の話をしていて、そういえば金額はいくらだったの?という話に発展しました。

助産院と個人病院は同じくらいだけど総合病院は出産費用が断然安いねー!と盛り上がりました。

ということで!

しずく

今回は、私しずくの助産院で出産・入院した際の実際の明細を公開します!

これから出産を控えている方や、どこで出産するかを悩んでいる方の参考になれば嬉しいな!

ソフロロジーで出産体験談!呼吸法さえ忘れなければ楽に産めるって本当?Part1

助産院での検診について

助産院の検診では…

  • 14週~23週は、4週間に1回
  • 24週から35週は、2週間に1回
  • 36週から分娩までは、1週間に1回

これ以外で、母子手帳をもらう時に一緒に妊婦健康診査受診票(妊婦健診チケット)というものが貰えます。

こちらのチケットを使うと1回15,000円ほどの検診代が無料になります。

とはいえ、使う時の検診内容は決まっています。助産院から次は産婦人科で診察してきてほしいと言われていました。

ですが、調べていると妊婦健診チケットを余らせてしまうこともあるようです。

しずく

めっちゃ損!

なので助産院で産むことを決めた場合には、妊婦健診チケットを見せるのがおすすめ!

しずく

実際に私は見せていました!

検診の日にかかる費用は、産婦人科でも助産院でも安い日は350円程~高くても2,500円程でした。

初診の日は5,000円~10,000円程だったと思います。

これは、自治体によってもかなり違うのと、里帰り出産ではチケットが使えないので、要注意ですね…

◎妊婦健康診査の公費負担の状況について(平成28年4月1日現在)

順位順の都道府県別公費負担額(円)

順位 都道府県 公費負担額(円)
1 岐阜県 119,570
2 山口県 119,029
3 青森県 118,920
4 秋田県 118,704
5 新潟県 118,375
6 石川県 117,105
7 長野県 116,439
8 大阪府 114,631
9 香川県 114,600
10 徳島県 114,440
11 福島県 111,278
12 高知県 110,380
13 三重県 110,110
14 宮城県 108,380
15 島根県 108,088
16 愛知県 107,149
17 滋賀県 106,802
18 岩手県 105,036
19 富山県 103,880
20 宮崎県 103,276
21 鹿児島県 102,943
22 岡山県 102,831
23 山形県 102,400
24 福岡県 102,208
25 佐賀県 101,440
26 福井県 101,250
27 熊本県 100,820
28 埼玉県 100,800
29 長崎県 100,532
30 沖縄県 99,100
31 群馬県 98,730
32 茨城県 98,700
33 奈良県 96,303
34 北海道 95,421
35 栃木県 95,000
36 鳥取県 94,450
37 大分県 93,800
38 広島県 93,511
39 千葉県 93,461
40 静岡県 92,800
41 和歌山県 92,190
42 兵庫県 91,238
43 京都府 91,027
44 愛媛県 90,630
45 山梨県 89,808
46 東京都 86,657
47 神奈川県 69,644

○ 妊婦に対する受診券の交付方法は、1,741市区町村のうち、検査項目が示された受診券が交付される受診券方式が1,449市区町村(83.2%)、される検査項目を全て実施する市区町村は、1,411市区町村(95.9%))全実施する市区町村は、1,449市区町村(100.0%)補助額のみ記載の受診券が交付される補助券方式が292市区町村(16.8%)

ー出典元:厚生労働省ホームページー

◎大阪は、8位で3年前より少し増えてる様です。

私の場合は、通常検診15回ほどで終えるところを12日超過していたので20回も検診しました。

それでも実費で10万はいきませんでした。

実際の出産・入院費の内訳を公開します

しずく

では、実際の入院費用の明細書を公開します
出産・入院費
品名 金額
分娩料 265,000
胎盤処理

汚物処理料

衛生材料

15,000
文書料 4,500
入院料 8日 140,000
新生児管理保育料 50,000
処置手当料 50,000
産科医療補償制度 30,000
合計 554,500

と、このようになっていました!

出産一時金代理受取制度にて42万円を差し引いて、現金134,000円のお支払いでした。

しずく

退院時に、高い!!と内心めちゃくちゃ驚きました。

ただ、私の場合…産前の2日前に不安だし、もうすぐ生まれそうな予感がする…!という、今思えば意味不明な理由で1日入院していました。あと出産前日から産後6日も入院していたので、この金額に。

計算してみたところ、

1泊17,500円!

産後5日入院だったとしても合計50万円ほどにはなってしまうので…結構かかりますよね。

一泊増やすだけで金額が跳ね上がるため、一泊いくらなのかを事前に計算して、入院費用を抑えてくださいね

しずく

なんも考えてなかったよ…

個人病院・総合病院について

友人の場合ですが、個人病院では入院費が50万円ほどだったと言っていました。

アフターケアも食事もかなり満足で最高だった~と思い出して幸せそうな顔をしていました。

お祝い膳にコース料理がでることもあるようですし豪華なイメージですね!

高いところだと、出産費用が100万になることもあるのだとか!?

総合病院は、だいぶ安くて42万円を超えなかったと言っていました。

差引金額が返ってきたのは良かったけど、ご飯などは普通の病院食で、個人病院との差がすごかった…!と言っていました。

費用を抑えようと思えば、断然総合病院なのかもしれないですね。

最後に 出産費用や入院費について考えてみて

何かとお金がかかる出産!

出産費用や入院費についても考えて選びたいものですよね!

今回は、私の実際の金額を公開してみました。

少しでも、これから出産する方の参考になれば良いなと思います♪

ぶっちゃけてます

助産院で出産するのって実際どうなの?後悔しないように知っておいてほしいこと!

出産体験談

ソフロロジーで出産体験談!呼吸法さえ忘れなければ楽に産めるって本当?Part1

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください