出産

出産は助産院を選びました!初産の体験談!

今回は初産だった私の経験談です。

出産する時に周りの出産の話を聞いて怖い!!!と思ったことはありませんか?

総合病院での出産…おなかを押されて苦しかった…

全然、看護士さんが近くにいてくれなかったという話を友人から聞き震えあがりました。

そんな中、一人の友人が「フリースタイルで産んだ」と聞きました。

彼女は私立病院で縄を持ってしゃがんで産んだ!スルッと楽に産めたと聞き、俄然「フリースタイル」に興味を抱きました。

 

わたしの目標はただ一つ。

痛いのはいや!楽に産みたい!

 

そこから始まったフリースタイルで産めるところはどこ??と調べ始めました。

わたしの住んでいる地域は、大阪市内ですが産院がめちゃくちゃ少ない。

私立病院でも有名なところでいえばひとつしかありません。

わたしは、出産前に一度流産をしていて、そこの医院で流産後処置していました。

 

あまりいい印象がなかったので、そこの医院は選択から除く…。

となると、バスで行くような遠い病院がちらほら…

そんな中で助産院を知り、助産院=フリースタイル!なイメージがあったので、さっそく飛びつきました。

 

めちゃくちゃ希望を抱きまくりで助産院を選んだ私の体験談。

どこで産むか考え中のあなたの参考になればいいなと思います。

助産院とは、どんなところ?

まずは、助産院とは?というところから始めます。

よく言われるのは、アットホーム!

家族のような密な関係が築けて、リラックスしてお産ができる!

 

というイメージではないしょうか?

私は、そんな風に期待していました。

そして、病院との違いで決定的なのは、医療行為が一切できません。

医療機関の介入はなく助産師のみで出産となるので、出産中に母子ともに命に係る重大な問題が起きた時の対応の早さと危険を見極めてくれるのか?

ということが、一番大切。

助産院は、分娩の手助けをして、妊婦・褥婦、新生児の保健指導をする場所として設置されています。

 

今回、私が出産したところは、「大阪 私が住む地域 助産院」と検索した時に一番最初に目に入ってきた助産院です。

※現在は、お産介助はされていません。

 

私の家から比較的近かったことから選んだおばーちゃん院長の助産院でした。

 

私が選んだ助産院の特色としては…

ソフロロジー方式を取り入れていました。

理想的なまったく苦しんでいない出産をしてる方のビデオを何度も見せてもらいました。

終始、穏やかな雰囲気で、こんな出産が出来るのは素敵だなぁ〜と思いました。

 

検診時…

マイクでお腹の赤ちゃんに話しかける。(笑)

先生がお腹の赤ちゃんにマイクで話しかけたりします。

その様子を全てDVDに録画編集したものを退院時にもらいました。(一度も見てません)

トコちゃんベルト推奨付け方も有料で教わりました。(全然つけなかった)

会陰マッサージ推奨…妊娠36週から分娩時に会陰裂傷を予防するため会陰マッサージの指導がありました。(さぼりまくり)

 

我ながら全くこの助産院と相性がよくない、だらだらママです。

出産の時に話したら、えらく怒られました。

今なら分かる。きちんと会陰マッサージをして筋肉を柔らかくしておくのが大切

トコちゃんベルトで、骨盤を安定させておくのが大切です。

つけることで、腹筋が多少鍛えられるし体型維持にもつながります。

スポンサードリンク

助産院での出産ってどんなもの?

バースプランを考えて自分の思うままの出産が出来ます

自分の好きなように出産を考えられるというのが良いところですね!

ただ、私の場合は…一度NOを選んでも院長がグイグイ熱く薦めてくる。

わたしの意思は簡単に負けて院長が満足するバースプランができました(笑)

いらないと言ってもせっかくの記念なのに!と嘆かれてしまうと、気まずさに負けました

一番印象に残っているのは、出産のビデオを院長の夫に撮ってもらうという話。

何回も「恥ずかしいからいらない」と断ったけど「記念になるのに勿体ない!恥ずかしくなんかないわよ〜オホホ」という具合に返ってきてしまう

 

きっぱり断るのが苦手な私は、流しに流されてしまう。

…結局撮ってもらいました。(もちろん見てないw)

助産院の良いところ・イヤなところってどんなところ?

いま振り返ってみて…

どんなところが良かったか、どんなところが嫌だったか振り返ってみます。

完全に私個人の感想です

メリットってどんなところ?

ご飯が美味しい!

一番、はじめに思いつくのが、やっぱりご飯が美味しいってこと。

助産院では授乳推奨で、おっぱいトラブルを避けるため美味しい和食・野菜中心のご飯でした。

毎食、フルーツやヨーグルトがついてきました♩

出産翌日から2、3日は、夜中に小腹すいたな〜って頃に、ゆかりおにぎりを持ってきてくれました。

夜中に目が覚めて、おにぎりがちょこんと机に置いてあった時には、本当に感動でした。

おっぱいあげつつ、おにぎり食べた良い思い出です

驚くほど静かに過ごせる

赤ちゃんと目と目を合わせて過ごすことを掲げていたため、テレビがない部屋で赤ちゃんとぼんやり静かに過ごしてました。

ひますぎて携帯みて過ごしてました…

目の疲れも産後には影響があるようなので、本当は携帯見ることはおススメされていません。

面会いつでも大歓迎!家族宿泊も大歓迎♩

面会いつでもOKで仕事終わりに夜中に夫が来ることも友人が毎日代わる代わる来るのもOKでした。もちろん親族も自由に出入りできました。

私の場合ですが、木曜日に出産だったので色んな方が金土日を使って代わる代わるに赤ちゃんの顔を見にきてくれました。

ですが、産後すぐにはあまり面会にきてもらうのはおススメしません。

私は、3日目の日曜の夜には疲れすぎていました。

産後ハイも手伝って普通に座って面会に来た人と話しをしていて全然横になれない&連日ある慣れない夜中の授乳や昼間も赤ちゃんの世話で満足に寝てない…というのが3日も続くと精神的にも疲れがでて、みんなが帰ってから夫にしがみついて「疲れた…」と言いながら泣いてしまいました。

産後は、自分が思っている以上に身体が疲れているので絶対無理をせず、赤ちゃんが寝ている間には少しでも眠ったり横になって過ごしてくださいね!

産後の1ヶ月は、ゆっくり過ごさないと更年期にとてもしんどくなったり影響があるとも聞きます。無理は禁物!です。

助産師さんと仲良くなれる!

入院中、途中から入院患者は私だけだったので密に過ごす時間がたくさんありました。

授乳マッサージをしながらよくお喋りをしていました。

あと、見学にきていた出産前のご夫婦に子供を見せたりもしました。

実際の入院生活の様子を見せてもらえるのも妊婦さんとしてはメリットですよね!

 

イヤなところってどんなところ?

出産時の緊急事態にその場で対応できない!

お腹の子や母体に、問題が起こった時には、提携の病院へ緊急搬送されてからの治療になります。

やはりここが最大のデメリットだと思います。

出産は奇跡の連続だと言います。

何かあったとしたらとても不安だと思うしパニックになってしまうのではないかと思います

※ただし、助産院での出産では逆子や胎児の異常(奇形等)、双子以上の多胎については、リスクが高いため対応できません。また、感染症を塞ぐための指導や会陰裂傷を出来るだけ避けるための指導もされました。

私が、出産した助産院では付き添いで助産師さんも来てくれると言っていました。

それだけ寄り添ってくれるという強い意志と信頼しても大丈夫と感じました。

会陰裂傷の危険

会陰切開は医療行為にあたるためできません。会陰部が硬いと最悪、大きく裂けてしまうこともある様です。→なので会陰マッサージ推奨していました。

産後、自分のことは自分でしなくてはいけない

完全、母子同室で赤ちゃんのお世話は全て自分でします。

これは、愛着形成にとても良いらしいのですが…

最初の頃は夜間にミルクを作ってもらったりはしましたが、途中から医院長が泊まりとかだと全部自分でさせられました。

シャワーも赤ちゃんが寝てる間にサッと入らないといけないしスリル満点!(笑)

シャワーの後の排水溝のゴミ取りや足ふきマットを干すのも自分でするのがルール。

いやほんま、、なんでなん!?

フリースタイルじゃなかった

これは、助産院によるところですが出産の時まったくフリースタイルじゃなかった

出産する部屋には、院長が考案した出産をするマットが敷いてあり普通の分娩台でするように膝を立てて産むスタイルでした。

途中で四つん這いになりたいとか、しゃがんでしたいと要望してみたけど叶わず、背もたれがないので夫に抱えられての出産でした。

めっちゃ不安定で、私としてはこの不満が大きかったです。

そして、ここで働いている助産師さんたちは、皆さん別の院内助産院や自宅出産をいました。

働いている助産師さんが、この助産院で産まないというのも残念なところですよね

危険について

 

判断が遅れたりすると思わぬ悲しい事故に繋がることもある出産。

これらを避けるには助産師さんの経験・手腕・危機管理能力によるところが大きいのではないかと思います。

助産院について調べた時に不安になる書き込みなどいくつも読みました。

私が出産した助産院は、病院勤務を何十年も経たベテランの助産師さんが院長でした。

出産の時もとても慎重に心配してくれていました。

私は、こちらの助産院で産むにあたり不安はありませんでした。

同じ時期に入院していた方が、赤ちゃんに黄疸がでてることを「院長がとても心配する!授乳だから出てるだけだと思うし平気やと思うのに〜」と、あっけらかんと言っていました。

でも、赤ちゃんに何かあってからでは遅いし、慎重に心配してくれるほうが安心なのではないかと思います。

もし、助産院を選ばれる時には、しっかり院長の考え方を知ることも大事だと思います。

 

終わりに 助産院にはそれぞれ様々な特色がある

どこの病院を選ぶとしても、あなたが気になることをきちんと病院に確認して決めるのが一番だと思います!

あと、どこで産むにしても「自分の意見」をしっかり伝えること!

これこそが満足のいく出産に繋がると思います。

 

次回は、実際の出産一部始終を書いてみたいと思います。

出産までの18時間9分を振り返ってみます。

長くなるので、良ければお時間ある時にお付き合い下さい♩

 

出産の様子について

あわせて読みたい
ソフロロジーで出産体験談!呼吸法さえ忘れなければ楽に産めるって本当?Part1今回は、2014年4月に息子を産んだ時の話です。出産を振り返ってみる まず、私の出産にかかった時間は…18時間9分...

助産院でかかった費用について

あわせて読みたい
助産院でかかる費用っていくら?実際にかかった金額を公開!病院とどっちがお得!?こんばんは。今回は、助産院で実際に支払った費用についてお話します。先日、友人と話している時に出産した病院の話になりました...

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ABOUT ME
しずく
はじめまして!しずくと申します。 大阪に住む30代の専業主婦です。 幼稚園年少の4歳息子と毎日一緒に過ごしています。 息子が生まれてから「こんな時どうしよう?」と検索ばかりしていました。 生まれてすぐの時や妊娠中に知りたかったこと・大阪の遊び場について情報を発信していきたいと思いブログを始めました!どうぞよろしくお願いします!