季節ネタ

平昌オリンピック 男子ハーフパイプ予選と決勝の結果は?

こんにちは!オリンピックに釘づけなしずくです。

本日、ただいまハーフパイプ予選が行われています。

平野歩夢選手の成績は?

 

さて、平野歩夢選手の得点は87.50でした!

めちゃんこかっこよかったです♪

 

 

現在の日本人選手の順位は!?

予選結果について

 

気になる結果はこちらです!

1位 ショーン・ホワイト 米国 98.50
2位 スコッティ・ジェームス オーストラリア 96.75
3位 平野歩夢 日本 95.25
4位 ベン・ファーガソン 米国 91.00
5位 片山来夢 日本 90.75
6位 ヤン・シェラー スイス 84.00
7位 チェイス・ジョセイ 米国 83.75
8位 ジェイク・ペイツ 米国 82.25
9位 パトリック・バーグナー スイス 82.00
10位 戸塚優斗 日本 80.00
11位 ピートゥ・ピロイネン フィンランド 77.50
12位 ケント・カリスター オーストラリア 77.00
13位 平岡卓 日本 75.75
14位 イ・カンキ 韓国 75.00
15位 張義威 中国 74.00
16位 ティム・ケビン・ラバニャック スロベニア 72.50
17位 デレク・リビングストン カナダ 71.25
18位 シーマス・オコナー アイルランド 65.50
19位 マーカス・マリン フィンランド 63.50
20位 ニキータ・アフタニフ 個人資格(ロシア) 63.25
21位 KWEON Leejun 韓国 62.75
22位 ネイサン・ジョンストン オーストラリア 62.25
23位 ヨハネス・ヘプフル ドイツ 59.50
24位 KIM Ho Jun 韓国 54.50
25位 STANTE Tit スロベニア 52.25
26位 TAIT Rakai ニュージーランド 36.50
27位 ALLENSPACH Elias スイス 25.50
28位 ヤンネ・コルピ フィンランド 22.50
29位 史万成 中国 11.75

12位までが決勝進出となります。

平岡選手は惜しくも13位で決勝進出ならずでした…。

 

 

決勝の日時は?

 

明日決勝です!

 

日本時間だと…

10時30分 男子ハーフパイプ 決勝1回目競技前
11時00分  男子ハーフパイプ 決勝2回目競技前
11時30分 男子ハーフパイプ 決勝3回目

 

となっています!

 

予選3位の平野歩夢選手について

 

1998年11月生まれ/新潟県村上市出身

日本大学1年生【木下グループ所属】

小学生時代からプロ活動を開始し、2014年ソチ五輪にて日本人最年少にして銀メダルを獲得しました。

2016年2月に出場した「X Games(エックスゲームズ)」を制覇しました!

 

 

今回は1回目より2回目の方が、とても高く飛んでいました。

ショーン・ホワイト選手は、こちら!


本当にすごいですよね…

決勝結果について

 

順位 Bib 選手 1回目 2回目 3回目 記録
1 2
ショーン・ホワイト
94.25 (1) 55.00 (7) 97.75 (1) 97.75
2 3
平野歩夢
35.25 (9) 95.25 (1) 43.25 (8) 95.25
3 1
スコッティ・ジェームズ
92.00 (2) 81.75 (4) 40.25 (9) 92.00
4 4
ベン・ファーガソン
43.00 (7) 83.50 (2) 90.75 (2) 90.75
5 11
パトリック・バーゲナー
84.00 (5) 51.00 (9) 89.75 (3) 89.75
6 9
チェース・ジョージ-
87.75 (3) 52.25 (8) 88.00 (4) 88.00
7 8
片山来夢
85.75 (4) 25.00 (10) 87.00 (5) 87.00
8 7
ジェーク・ペーツ
47.00 (6) 82.25 (3) 27.00 (10) 82.25
9 13
ヤン・シェレル
31.25 (10) 80.50 (5) 70.75 (6) 80.50
10 15
ケント・カリスター
20.00 (11) 62.00 (6) 56.75 (7) 62.00
11 5
戸塚優斗
39.25 (8) 7.00 (12) 棄権 39.25
12 19
ペートゥ・ピロイネン
4.50 (12) 12.75 (11) 13.50 (11) 13.50

転倒、転倒が続く中…最後にショーンホワイトが決めました!

それまで平野選手が暫定1位だったので、どうなるのかドキドキしていましたが…やはりショーンホワイトはすごかったです。

平野選手は惜しくも銀メダルとなりましたが、めちゃくちゃかっこよかったですね♪

ほんと…スノーボードでここまで魅せる競技はすごいですね。

 

こちら平野選手の最高得点の演技です

高難度の「ダブルコーク1440(横4回転)」を連続で決めていました!

そして、気になるのは戸塚選手がハーフパイプの角(リップ)にバランスを崩して頭から直撃して倒れこんでしまいタンカで運ばれてしまいました…

そのまま棄権となってしまいました。。

あまりの衝撃にアッと叫んでしまいました。

 

その後も続々と転倒する選手がいて、平野選手も1回目、3回目転倒

ショーンホワイトも2回目に転倒していました。

スコッティ・ジェームスは3回目に転倒…

本当にオリンピックには魔物がいるんだな…と思いました。

 

まだまだ残りの日数オリンピック観戦を続けます。

またお付き合いいただけると嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

ABOUT ME
しずく
はじめまして!しずくと申します。 大阪に住む30代の専業主婦です。 幼稚園年少の4歳息子と毎日一緒に過ごしています。 息子が生まれてから「こんな時どうしよう?」と検索ばかりしていました。 生まれてすぐの時や妊娠中に知りたかったこと・大阪の遊び場について情報を発信していきたいと思いブログを始めました! どうぞよろしくお願いします!