こどもの言い間違いに笑ってしまう母と怒る息子





しずく
こんばんは!しずくです
息子
にくにっくしたい!
しずく
いきなりどうした?!

はい、どうも。突然の親子の会話失礼しました!

にくにっくは、ピクニックのことだよ。分かったかな?
私は3回聞き直してようやく理解できたよ!

今日は、3歳の息子の言い間違いについて書こうと思います。



にしまつわ いきたい

息子
にしまつわ行きたい

はい、シンプルですね。西松屋のことなのです。

「子育て応援♪西松屋♪」のCMでおなじみの子育てを応援してくれるお店です!頼りにしてます。

次は言い間違いとは違うのですが、私には少し考えさせられることが起こりました。

父ちゃんと話したい

ある日、夜中23時過ぎても帰って来ない父ちゃん。

帰って来ないし寝たくない息子から提案がありました。

息子
とうちゃんに でんわして
しずく
んー仕事中やから電話できないなぁ。でもラインしてみよっか
しずく
息子が寂しがって泣いてるよーまだ遅くなりそう?

すぐに夫にラインを送りましたが、仕事中なのですぐに返信がありません。
息子は父ちゃんと何を話したいのかな?と思って、何気なく息子に確認しました。

しずく
なにか父ちゃんに話したい事ある?
息子
えー息子わかんない。母ちゃん考えて(もじもじ)

と恥ずかしそうにする息子。

しずく
えー?なんで?息子が話したいことで良いんだよ

と優しく諭す私

息子
…こまち

秋田新幹線E6系こまち

しずく
こまち!?

まさかの秋田新幹線の名称”こまち”が出てきて笑ってしまいました。

なぜにこまち!?と思ったので確認してみました。

息子
…こまち に父ちゃんと乗ってどこかに行きたい
ときちんと答えてくれました。

最後に

こどもの言い間違いってすごく可愛いし面白いですよね。
今回の話だときちんと文章を話せずに「こまち」のような単語になっていました

息子は「笑われちゃう」と感じて言うのを嫌がっていました

これから私は、息子に「一緒に笑うことは楽しい」こと

反対に「笑われることが面白くない」ということも大事にしたいなと思います

では、最後までお読みくださり、ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください