1/2にプラレール博in大阪へ行って来た!混雑状況は?

1/2にプラレール博in大阪へ行って来た!混雑状況は?

1月2日の朝10時にプラレール博in大阪2018へ行ってきました!

 

待ちに待ったプラレール博が、ついに元旦から開催されました!

プラレール博in大阪の基本情報について

 

大阪南港ATCホールにて

期間:2018年1月1日~1月8日

時間:10:00~16:30(最終入場 16:00)

 

大阪南港ATCホールの駐車場について

1200台収容可能

駐車料金:30分毎に200円

※平日最大800円/土日祝最大1000円

 

電車利用

大阪市営地下鉄 南港ポートタウン線「トレードセンター前駅」直結

もしくは、「中ふ頭駅」下車徒歩5分 332m

 

チケット売り場の混雑状況は?

 

こちら、到着10時頃の段階では、数人しか並んでませんでした。

ですが、チケット売り場から会場に入るまでの会場前の廊下が長蛇の列になっていました…!!

(階段を下りるのに渋滞しているようでした)

実は、廊下右側にエレベーターが二基あります。

こちら、バギーを持っている方は優先的にエレベーターを利用できます。

エレベーター出たらすぐ横が入り口なっているため、列を回避することが出来ますよ!

私は、エレベーター利用ですんなり会場入り出来ました♪

 

まずは、アトラクションゾーンへ

 

入り口から中に入ると展示ゾーンで魅力的な展示がたくさんあります!

子供は魅了されて遊びたがりますが、まずはアトラクションゾーンに移動してください。

アトラクションゾーンの真ん中あたりにチケットカウンターがあります。

こちらでプレイチケットが購入できます。

プレイチケットは、1枚100円で、11枚つづりで1000円です。

私は、とりあえず11枚つづりの1000円分を購入しました!

(すぐあとに11枚つづり追加購入して合計2000円使いました)

チケットが使えるアトラクションはこちら!

  • プラレールつり(先頭車・モーター付)…
  • プラレールつり(中間車・後尾者)…
  • プラレールをそろえよう …
  • プラレールあみだくじ  …
  • プラレールサイコロコロコロ…
  • プラレール組立工房のりのりプラレール…
  • 乗ろうよ!大きなプラレール…
  • レッツゴートーマス…

お目当てのアトラクションに並びましょう

次は、お目当てのアトラクションに並びましょう。

一番人気で長蛇の列になっているのは、プラレール工房です。

この時点で45分待ち!のカードをスタッフさんが掲げているのを見ました。

 

私の場合、最初に並んだのはチケットカウンター斜め前にあった「プラレールつり(先頭車・モーター付)」です。

この時点で25分待ちでした。

 

その間、展示ゾーンでボール入れに夢中になっている息子の写真を夫からもらってほっこりしてると、意外とすぐに合流してくれて…けっきょく息子と二人で20分ほど一緒に並びました。

 

夫には、別行動をしてもらいチケット追加で11枚つづりを買い、「プラレール工房」へ並んでもらいました。

 

プラレールつり(チケット6枚)に挑戦

 

プラレール釣りとは…

1分以内にプラレールをいっぱい釣ろう!というゲームです。

ただし、50センチほどの釣り竿に4股になった針がついていて、この針を窓などにひっかけて釣るという高度なものです・・・。

※その日一番多く釣れた人には大漁賞として景品があります。この時点で11個になってました

→今回は、「にぎやかアナウンス!サウンドE7系新幹線かがやきレールセット」でした。

 

 

息子は、めちゃくちゃ苦戦して、5秒前にようやく1個ゲットできて胸をなでおろしました。

ただし、取れなくても参加賞として先頭車を1個は絶対もらえるので安心してくださいね!

 

 

プラレール工房(チケット8枚)

プラレール工房とは…

こちらは、運転席にその場で撮ってもらった自分たちの写真を張り付けることが出来て、世界に一つだけのプラレールを作ってもらえます。

こちら会場内で一番人気です!

せっかくの記念に、一つくらい持ってたらネタになるかな~と軽い気持ちで親子3人並んで撮ってもらいました。

走行チェックをしてもらい、その場でネジを締めてもらえます。

 

プラレールをそろえよう(チケット6枚)に挑戦

プラレールをそろえようとは…3つのスロットを手で回して同じ電車をそろえます。同じ電車がそろうと「金メッキ先頭車東北200系新幹線」をもらえるというもの。

 

こちらは、プラレールつりを待ってる間から、やりたい!!!と息子が言ってた「プラレールをそろえよう」に並びました。

待ち時間は、20分ほどでした。

 

 

THE運任せのゲームで、息子はたまたま当たって初めて金メッキ新幹線を貰えて大喜びでした!

 

レッツゴートーマス(チケット2枚)

 

最後は、大きいトーマス1席にチケット2枚で乗れます。

1席内であれば親子で乗ることも可能です。

レールを2周します。

 

うちの場合は、この4つのアトラクションでチケット22枚を使い切り、アトラクションゾーンから展示ゾーンへ移動しました。

 

アトラクションゾーンには、他に巨大ジオラマも展示されています。

むちゃくちゃ圧巻です。こちらはトーマスがテーマです

 

 

特に子供たちに人気だったのは、トーマスの大きな「とおせんぼ踏切」をハンドルを回して動かせる遊具です。

トーマスの顔がついてる方には、かなりの列が出来ていました。

 

 

そして、12時半・13時半からの30分間にシンカリオンが来ます。

シンカリオンと写真撮影ができるとアナウンスもありました。

あと、会場内でむっちゃシンカリオンのオリジナルDVDも配っていました。

展示ゾーン

 

たくさんの楽しい展示があります。

小さなお子様の場合は、アトラクションゾーンに入らずに展示ゾーンだけで遊んじゃう!というのも良いかもしれません。

ショッピングゾーン

こちらでは、プラレール博・トミカ博限定の車両などが売られています。

今回の限定車両は、こちら…

  • ライト付き0系新幹線
  • 東京メトロ丸の内線500形
  • 京阪電車600形 パト電ラッピング電車
  • トワイライトエクスプレス
  • スーパーひたち
  • 南海ラピート・クリアカラー
  • 200系東北新幹線
  • ブルートレイン はやぶさ
  • 東京モノレール10000形セット
  • 雪国レールセット

うちの場合、今回は「トワイライトエクスプレス」のみ購入

ついでにトミカを数点買いました。

 

プラレール博で楽しむ5つのポイント!

 

会場入り時間

会場には、早めに到着しましょう。

10時到着ですでに混雑していたので、10時より前に到着できるようにするのが良いと思います。

正直、私はもう少し空いてるのかと思い舐めていました。来年は9時半到着を目指します!

お昼過ぎからは、会場内の至る所がものすごい長蛇の列になっていました…

 

まずは、プレイチケットを購入

会場に入って目の前に展示ゾーンがあります。子供は大興奮して遊びたがります。

ですが、すぐにアトラクションゾーンに行ってプレイチケットを購入するのが、アトラクションゾーンで遊ぶ重要なポイントだと思います。

長蛇の列になると子供も大人も本当に疲れます…

速やかに並ぶことをおススメします。

大人は出来れば複数で

大人2人だとかなり楽になります。

別行動出来ることが本当に楽でした。

こどもは並ぶのが楽しくなくてすぐに飽きてしまうので抱っこをせがまれることがめっちゃ増えます

一人で行くと疲労感ハンパないので、タイミングが合うようであれば大人複数で行くことをおススメします。

 

プラレール博でまわる順序

プラレール博のまわる順番は…

アトラクションゾーン→展示ゾーン→ショッピングゾーンの順がおススメです。

ただ、限定品でどうしても欲しい商品がある場合には、まずショッピングゾーンに買いに行くのもいいかもしれませんね。

※1/2の昼の時点では、まだまだたくさん残ってました。

 

持ち物

疲れた時に座れるバギー!開場前の長蛇の列もエレベーター使用できるので回避できますし、

小さい子の場合、並ぶことに疲れたり遊び疲れて眠くなるので抱っこせがまれまくりです。

あると本当に便利でした!

あとは、会場内が暑いので飲み物も必須です。

疲れたりお腹空いた時にちょっと食べれるグミ等のおやつもあると良いと思います。

 

終わりに

プラレール博は、大人も子供も楽しめる内容でした!

単純に子供たちが一生懸命頑張ってる姿がかわいいし、喜んでる姿もかわいい♪

そして、私としてはジオラマが大迫力で感動でした!

どうやったらこんなレイアウトができるのかを考えてました。

(再現は、難しすぎますが…)

息子は、プラレール博が楽しすぎて、明日もプラレール博に行こー!と言ってます。

これは、トミカ博の時にも毎日言ってました。

それほどに楽しい思い出に残るというのは、親としては大変嬉しいことです!

 

トミカ博もプラレール博もめちゃくちゃおススメです。

まだ行ったことがなければ、是非一度行ってみてくださいね♪

電車好きなら絶対楽しい思い出になること間違いないですよ!

 

前売券情報については、こちら!

プラレール博の前売券!お得に買う方法は!?

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

大阪のお出かけカテゴリの最新記事